Information (重要なお知らせ)

2018.10.19  18:00

ビール専門誌『ビール王国』で「北海道 ビール今昔物語」の連載を開始

ビール専門誌『ビール王国』で、「北海道 ビール今昔物語」の記事連載を担当しております。(文・写真ともに)

全部で4回(季刊のため1年間)の予定です。第1回は2018年10月発売のvol.20です。

 

他の連載の方と異なり著者紹介がないのは、私自身が編集部母体の日本ビアジャーナリスト協会に属しているためです。当連載は、ビアジャーナリストとしての活動の一環となっています。

 

紹介がてら、企画段階での概要を掲載します(誌面ではこれをダイジェストにしています)。

 

■北海道 ビール今昔物語

北海道はビールの大地である。ホップが自生し、大麦が収穫され、都市名を冠した大手メーカーがあり、「地ビール第1号」ブルワリーがある。かつては30を超える小規模ブルワリーがあり、現在でも都道府県単位での醸造所数は全国トップクラス。札幌・大通公園での巨大なビアガーデンなどの独自のビール愛飲文化もある。冷涼で湿気の少ない気候は、ヨーロッパの「ビールの本場」であるイギリス・ベルギー・ドイツと似ていて、生産面でも消費面でも「ビール向き」の土地である。「北海道命名150年」を迎える北の大地から、4回にわたりビールの過去・現在・未来についてレポートする。「北海道のビール」の構造が、「日本のビール」全体とフラクタル(自己相似)になっていることを示したい。

 

モノクロ2ページのささやかな記事ですが、お楽しみいただければ幸いです。ぜひ誌面をお手に取りください!

購入:https://www.stereosound-store.jp/fs/ssstore/3063

Dマガジン:https://magazine.dmkt-sp.jp/magazine/0006/0602/00018948

 

 

bk20_1.jpg


 

1