Information(イベント・臨時休業などのお知らせ)

【期間限定】BYOF(おつまみ持込可)
2020.03.11  14:46

【期間限定】BYOF(おつまみ持込可)

BYOFとは、「Bring Your Own Food」システムのこと。

ルール内でのお料理の持ち込みを許可します。

 

昨今の外食自粛ムードの中で2~3次会へなかなか行きづらいかもしれません。「Maltheads はゆっくりと飲めるけれど、あそこはフードがないし…」(*)という声にお応えします。もちろんオープンからのご利用も大歓迎です。

(*)フードメニューがないわけではないのです…


当店の美味しいビール・ウイスキーにふさわしいお料理を、どうぞご持参ください。
「持ってきた料理に合うビール・ウイスキーは?」というご質問もお気軽にどうぞ!

 

【基本ルール】

  • お持込料・片付手数料として、お一人様につき¥200を申し受けます。(同伴者含・別途チャージ料¥300)
  • 当店のビール・ウイスキーをより楽しんでいただくためのシステムです。
    基本的には「途中で買ってきた軽いおつまみ・お惣菜を1~2品程度持ち込み許可」とお考え下さい。
  • 電話等での事前申告は不要です。お召し上がりの前に、必ずお持込の旨を告げてください。
  • 当店の西隣にコンビニエンスストアがあります。中座して購入も構いません。

 

【食器・お取り分けなど】

  • 電子レンジをお使いいただけます。
  • フォーク、お箸の貸与はできます。
  • お取り分けのお皿は、できるだけ各自でご用意をお願いします。皿類は当店フードご注文のお客様優先となりますので、数に余裕があるときは貸し出せますが、回収をお願いすることがあります。
  • お取り分けも各自でお願いいたします。ただし、可能な範囲でお引き受けいたします。

 

 

【ご遠慮いただきたいこと】

  • 過度過量のお持ち込みはご遠慮ください。
  • 大皿料理のお持ち込みはご遠慮ください。カウンターが広くありません。
  • ホームパーティ代わりのご利用はご遠慮ください。趣旨に合いません。
  • 「お弁当を食べる」というのはグレーです(線引きが難しいところですが)。あくまでも当店のお酒を楽しむためにお持ち込みいただきたいです。
  • 火器類・調理器具類の持ち込みはお断りします。
  • ガスレンジ・鍋類の貸出はいたしません。熱湯の提供もできません。
  • ノンアルコールのみご注文のお客様は、追加のお持ち込み料として¥1000を申し受けます。

 

【注意事項】

  • お持込のお料理によるトラブルについては一切の責任を負いかねます。
  • ルールを過度に逸脱する場合、お断わりをする場合があります。不明な場合は事前にご相談ください。
  • BYOF は、予告なく終了する場合がございます。このページが掲示されている間は大丈夫です。
3/22(日)第5回「BEER HOUR in SAPPORO」開催
2020.03.08  16:00

【定員御礼】3/22(日)第5回「BEER HOUR in SAPPORO」開催

 【定員に達しました。ありがとうございます】

3月22日(日)、ビールの魅力を多面的に学べるプログラム「BEER HOUR(ビアアワー) in SAPPORO」の第5回目を開催します。

 

地ビール・クラフトビールだけでなく、ビールそのものが改めて注目を浴びるようになってきました。明治以後の長いビールの歴史の観点でみたときに、今の盛り上がりを「第3次ビールブーム」と呼ぶ方もいらっしゃいます。

開催が予定される第9回「日本ビール検定」(びあけん)をターゲットとして、ニュースでビールそのものや業界を振り返る2つのプログラムを1日で開催します。

 

今回も2017年の第1回以来お世話になっている長谷川小二郎氏をお招きいたします。

 

長谷川小二郎氏プロフィール

執筆、編集、英日翻訳。最新著書『今飲むべき最高のクラフトビール100』。米WBC、GABF、豪AIBA、独EBS、日IBCなど上位国際的審査会で審査員。「ビアコーディネイター」「ベルギービール・プロフェッショナル ベーシック」「ベルギービールKAISEKI(会席)」講師、4年連続びあけん1級。


開催日時: 2020年3月22日(日)13:30から

  • 第1部:「ここ1年のビールニュース解説」13:30~15:00
  • (休憩)
  • 第2部:『びあけん公式テキスト』過去問解説 15:20~17:00

 

■各部概要

[第1部]「ここ1年のビールニュース解説―2020年びあけん勉強会―」

長谷川小二郎氏が、ビールに関する直近1年のニュースを選んで解説します。

 

時事問題はびあけんで年々出題が毎年出題が増えているので、受検対策に生かしてもらえることはもちろん、受検しなくても、今年ビール業界で何が起きているのかを振り返るのに役立てられます。

 

びあけん対策のうち、一人で行うのが難しいことの一つである時事問題を、この機会に対策してしまいましょう。10本程度のニュースを取り上げ、そこから何が読み取るべきかを解説します。

 

[第2部]「『びあけん公式テキスト』過去問解説」

びあけんの3つの級の中でも1級については、合格率が1桁台で推移していて難易度が高くなっています。しかし、『日本ビール検定公式テキストを暗記して再現できれば、配点20点の論述問題を除いて50点前後が取れ、第1部の「時事問題」と併せて合格に大きく近づきます。

テキストのすべてを暗記するのは実際には難しいことなので、過去問を丁寧に解説しながら、テキストを丁寧に読みこむコツや勉強法をお伝えします。独学よりも学習効率がアップすることは間違いないと思います。

 

第2部は2013-14年の1級連続合格者でもあるMaltheads坂巻もサポートし、2人の「びあけんマスターズ(1級合格者)」講師陣によるセミナーとなります。両人がそれぞれ得意な箇所を解説します。さらに、2019年北海道で初めて女性で合格した坂巻の妻にも、勉強法のアドバイスをレクチャーしてもらいます。

 

「びあけん」受検の有無や、基礎知識の習熟度などは問いません。2級・3級受検者でも大丈夫です。

進行上、ある程度の用語は飛び交いますが、はじめての方に配慮した内容とします。

 

■詳細

開催日: 2020年3月22日(日)

 Maltheads (札幌市中央区南3条西8丁目 大洋ビル)

 

参加費:

 3,500円 + 飲み物(お酒)2杯以上のご注文(各部で1杯)

 ※ビールを飲みながらの気楽な感じでお楽しみいただきます。2杯は飲めない方、お車でお越しなどでお酒をご注文できない方は、各部につき1000円(2部なら2000円)の参加費(会場費)をお願いします。

 

定員: 10名程度

 【定員に達しました。ありがとうございます】

  • 「びあけん」受検の有無や、基礎知識の習熟度などは問いません。20歳以上はどなたでも参加できます。
  • 今回はどちらか1部のみの参加を受け付けないことにしました(途中参加・退出は自由です)。ほとんどの方が2部とも参加すること、1月の店内改修による座席数減少が理由です。


【受付締め切りについて】

定員に達し次第締め切ります。このページでの告知をもって締め切りといたします。

例年、告知後数日程度で定員に達しております。

お早めのお申し込みをお願いします。

 

【お申し込み方法】

 【定員に達しました。ありがとうございます】

わがまま申し上げて大変申し訳ございませんが、Maltheads 店頭でのお申し込みを原則といたします。

 

イベント開催は当店の広報活動であり、普段当店をご利用いただいているお客様への還元行事でもあるのですが、イベントのみにいらっしゃる方が増えてまいりましたので、店頭受付を原則とさせてください。

 

どうしても開催日までに札幌市中心部まで出られない事情のある方にかぎり、https://maltheads.net/contact(問い合わせフォーム)からのお申し込みを受け付けます。

  「3月22日のビアアワー参加」というタイトルで、開催日の連絡先をメールしてください。

  • 折り返し確認のメールをいたします。確認メールが返ってこない場合は、改めてお問い合わせください。
  • 店頭お申し込みの方へはメールを返信いたしませんが、受付を確認しております。
  • 【ご注意!】各SNSメッセンジャーからのお申し込みは、まず見落としますので予めご承知おきください。

 

【ウイルス対策について】

Maltheads は繁華街から外れたビルの地下店のため、普段から多くの不特定の方が行き交う場所ではありません。

当日もアルコール消毒なども万全の上、開催いたします。

ただし時節柄、どうしてもご不安な方のご参加を強制するものではありません。

 

 

1