Information(イベント・臨時休業などのお知らせ)

bk21_2019Jan.jpg
2019.01.19  17:10

[店主執筆記事掲載] ビール専門誌『ビール王国』vol.21発売

ビール専門誌『ビール王国』vol.21が発売されました。

前号に引き続き(https://maltheads.net/info/2277752)「北海道 ビール今昔物語」の記事連載をしております。(文・写真ともに)

全部で4回(季刊のため1年間)の予定です。第3回は2019年4月発売です。

 

第2回の今回は、「日本の地ビール第1号」北見オホーツクビールについての取材です。

 オホーツクビール公式サイト

北海道の方でさえ認識している方が多くないのが残念ですが、「地ビール第1号」は北海道にあるのです。

もうひとつ、新潟の「エチゴビール」も「第1号」を名乗っていらっしゃいます。そのことについても今回キッチリと裏を取りましたので、ぜひ記事をお読みください。
 

他の連載の方と異なり著者紹介がないのは、私自身が編集部母体の日本ビアジャーナリスト協会に属しているためです。当連載は、ビアジャーナリストとしての活動の一環となっています。

 

購入:https://www.stereosound-store.jp/fs/ssstore/bookshop-wk/3122

Dマガジン:https://magazine.dmkt-sp.jp/magazine/0006/0602/00020945

 


60ninbeer.jpg
2019.01.07  00:00

【達成御礼】札幌=ポートランド 姉妹都市企画「60人ビールプロジェクト」

1月9日19時ごろに、60人に無事達しました。ご協力をありがとうございました!

札幌発の新しいプロジェクトの、今後の行方にも引き続きご注目ください。

 

札幌では日本を代表する「ビール都市」を目指して、様々な活動が繰り広げられています。

 

* * *

 

札幌・ポートランドの姉妹都市提携60周年を記念して実施する「60人ビールプロジェクト」が1月7日に始まりました。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01nyhg1010hqb.html

 

「ビアバーナ(ビール天国)」こと、世界有数のビール都市であるアメリカ・オレゴン州ポートランド市。札幌市とは1959年に姉妹都市提携を結び(*)、2019年で60周年を迎えます。

それを記念し、「ビール都市」同士の絆を深めるため、両都市のブルワリーとインポーターとで、コラボレーションビールを計画しております。

その資金集めのためのプロジェクトがこの「60人ビールプロジェクト」です。

 

「60周年」を記念し「60人」の出資者を募ります。

しかし、従来のクラウドファンディングではない、新しい形となっているのが特徴です。

出資者にこの記念すべき年を楽しんでいただくために、資金額を大きくする代わりに人数を絞り、深い形でビール製作に参加していただきます。出資者はビールの味、ラベルのデザインまで、いっしょに考えることができます。

 

プロジェクトで造られたビールは、札幌市内のビアバーを中心に販売され、売上に応じて出資額が返還されます。完売の際にはほぼ全額が返済される予定です。

 

締め切り日までに目標額に達しなかった場合は、プロジェクト不成立で返金処理に入ります。企画側が出資金を貯め込むことはありません。

※2019年2月4日(月)が締め切り日となっています。

 

「ビールのまち」札幌を盛り上げる資金を、ちょっとの間預けてみませんか? どうかご協力をお願いいたします!


 

Maltheadsは、相談役としてプロジェクトに協力しております。

当プロジェクトにご興味のある方、公式ホームページを読んだだけではわかりづらい、という方は、どうぞ当店にもお尋ねくださいませ。

 

■リンク

60人ビールプロジェクトFacebookページ

メンバー募集告知フライヤー (pdf)

 

「日本ビアジャーナリスト協会」による紹介記事 (ビアジャーナリスト おぐりさきこさんの記事)

 

*ポートランド市での初めてのブルワリー創業は、1984年のBridgeportです。実は両市の姉妹都市関係は、ビールの歴史よりも長いのです。

 

beertopia_image.jpg
2019.01.04  17:00

「北海道ビアトピア」に協力いたします

Maltheadsは、「北海道ビアトピア」の実行委員となりました。

 

2月16日~18日の3日間、札幌三越(南1西3)9階催事場での開催です。

当店は、道内ビールの提供を担当いたします。

北海道・札幌市政策研究「みらい会議」のご協力を得て、「大手/クラフト」の垣根を超えた画期的なビールイベントです。

 

ぜひお越しください!

 

「ビアトピア」実行委員会

  • アサヒビール株式会社
  • SOCブルーイング株式会社(NORTH ISLAND BEER)
  • サッポロビール株式会社
  • 月と太陽brewing
  • ブルックリンジャパン
  • Maltheads

 

 

「北海道ビアトピア」公式ページ(Facebook)

https://www.facebook.com/hokkaidobeertopia/

 

 

chagetsuevent01.jpg
2018.11.05  17:08

11月10日(土)茶月斎20周年イベントに参加

札幌の正解」中華の名店・茶月斎が20周年!

小蕎さんを祝福して、大洋ビル地下1階店舗がオールナイトイベント「遅咲きの芸人」を開催。もちろん、Maltheads も参加いたします。

 

当日は18時から通常営業しますが、23時のイベント開催に向けてなし崩し的にイベントモードとなります。ゆっくりと飲みたいお客様や抹茶ビールお目当てのお客様は、お早めに。

 

イベント詳細は、当店コンテンツ内に設置したイベントのページをご覧ください。

https://maltheads.net/free/chagetsusai20th

 

 

 

 

 

bk20.jpg
2018.10.19  18:00

ビール専門誌『ビール王国』で「北海道 ビール今昔物語」の連載を開始

ビール専門誌『ビール王国』で、「北海道 ビール今昔物語」の記事連載を担当しております。(文・写真ともに)

全部で4回(季刊のため1年間)の予定です。第1回は2018年10月発売のvol.20です。

 

他の連載の方と異なり著者紹介がないのは、私自身が編集部母体の日本ビアジャーナリスト協会に属しているためです。当連載は、ビアジャーナリストとしての活動の一環となっています。

 

紹介がてら、企画段階での概要を掲載します(誌面ではこれをダイジェストにしています)。

 

■北海道 ビール今昔物語

北海道はビールの大地である。ホップが自生し、大麦が収穫され、都市名を冠した大手メーカーがあり、「地ビール第1号」ブルワリーがある。かつては30を超える小規模ブルワリーがあり、現在でも都道府県単位での醸造所数は全国トップクラス。札幌・大通公園での巨大なビアガーデンなどの独自のビール愛飲文化もある。冷涼で湿気の少ない気候は、ヨーロッパの「ビールの本場」であるイギリス・ベルギー・ドイツと似ていて、生産面でも消費面でも「ビール向き」の土地である。「北海道命名150年」を迎える北の大地から、4回にわたりビールの過去・現在・未来についてレポートする。「北海道のビール」の構造が、「日本のビール」全体とフラクタル(自己相似)になっていることを示したい。

 

モノクロ2ページのささやかな記事ですが、お楽しみいただければ幸いです。ぜひ誌面をお手に取りください!

購入:https://www.stereosound-store.jp/fs/ssstore/3063

Dマガジン:https://magazine.dmkt-sp.jp/magazine/0006/0602/00018948

 

 

bk20_1.jpg


 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...